先日、「地域包括ケアシステムの構築に向けて~入院から在宅・生活へ切れ目のないリハビリテーション~」をテーマに当施設で講演会が行われました

 向島地域のリハビリ資源について向島地域の病院・施設が、各々のリハビリテーションの役割と現状について講演を行いました
 当施設からは、訪問リハビリを中心にあじさいガーデン伏見のリハビリテーションについての講演を行わせて頂きました

image1

 向島地域のリハビリ資源について知り、横の連携の大切さを改めて感じることができました

 また、特別講演として、岩手医科大学西村秀行教授による「リハビリテーション医学と臨床応用」をテーマに講演が行われました。その中でも、リハビリは適切な医学的管理の下でメンテナンスをしながら、一生懸命ヘトヘトになるまで運動を行うことが大切、という内容が印象的でした

 日々のリハビリにおいて利用者様方に提供している運動量は適切なものになっているか・・と見直すことができました

 今後も更によりよいリハビリを皆様に提供していけるよう、日々精進していきたいと思います